フレッツ光とプロバイダを契約する場合の、申込みから開通までの流れをご説明します。
契約した代理店によって、若干異なるかもしれませんが、おおよその流れは同じです。

1. NTT代理店でフレッツ光の申込みを行う
ネット系代理店の場合、電話で申込みができます。
料金やプランの説明などがあるため、じっくり時間がとれるときに申込みましょう。

※この時点でプロバイダを決めます。
ほとんどのNTT代理店でプロバイダ契約もやってくれるので便利です。
※希望工事日を伝えます。



2. NTTから工事日の連絡が入る

フレッツ光の申込み時に伝えた希望日をもとに、NTTより直接工事日の確認・調整の連絡が入ります。



3. 工事日前にプロバイダから書類が届く

プラン内容やインターネットに接続するためのIDやパスワードなどが記された書類が届きます。
インターネットに接続するためには、このIDとパスワードが必要ですので、書類をなくさないよう大切に保管しましょう。
また工事日の前日になっても書類が届かない場合は、契約したNTT代理店に確認してください。



4. お客様立ち会いのもと工事を実施

通常光回線の工事にはお客様の立ち会いが必要です。当日はNTTの下請け業者が行います。
マンションや戸建ての条件にもよりますが、おおよそ1時間程度で終了します。

初期費用として、この工事費用と契約料がNTT側でかかります。NTTから直接請求されるので、どこで申し込みを行っても全く同じ額が請求されます。
工事費用 契約料
NTT東日本 24,000円(割引前) 800円
NTT西日本 24,000円(割引前) 800円

新規の場合、工事費は割引が適用されます。詳しくは「フレッツ光の初期費用」をご一読ください。



5. 工事完了後、インターネットにネットに接続する

※プロバイダからの書類に書いてあるIDとパスワードを入力して、インターネットに接続します。
※インターネットに接続していないと、契約が完了していないと判断されて
キャッシュバックなどの特典が受けられません。